インデックスファンドとは、日経平均株価225種(TOPIX)や東証株価指数などの指数と連動して、ファンドの基準価格が、その値動きへの追随を目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ETF(株価指数連動型上場投資信託)

ETF(株価指数連動型上場投資信託)は、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)など特定の指数に連動する運用を目指すインデックスファンドの一種です。
ETFとは、Exchange Traded Fundの略称で、「証券取引所で取引される投資信託」という意味です。
証券取引所に上場され、株式と同じように市場での売買が可能で、指値注文、成行注文、信用取引もできます。
分配金などへの課税は株式と同じです。
2001年4月の緊急経済対策で導入が決まり、2001年7月より実際の取引が始まりました。
ETFとして認められるのは、金融庁長官が指定する特定の株価指数と連動するものだけです。
基本的に日経平均株価に連動するものは10口単位、東証株価指数(TOPIX)に連動するものは100口単位など、対象となる指数や商品により売買単位が異なります。
通常の投資信託と比べ、流動性が高く保有コストが安いので、長期投資に適した商品と言われます。
通常の投資信託が、取り扱っている証券会社が限定されるのに対し、ETFは株と同じように4桁の証券コードが割り当てられ、どの証券会社からでも売買が可能です。
また、銘柄や価格が一般の新聞に毎日掲載されているので、確認が一般の投資信託よりも容易です。
ETFは、このようにインデックスファンドの一種ですが、投資信託というよりも株式に近い商品です。
投資信託なので、リスクもあるということを頭において、どの指標に連動したETFかを知ったうえで、取引してください。

東証(東京証券取引所)のETF

インデックスファンドの一種であるETFは株と同じように証券市場で売買できます。
東証(東京証券取引所)で扱っているETFは、2008年8月25日現在、下記のようなものがあります。
・対象株価指数 TOPIX コード1305 ダイワ上場投信-トピックス ・対象株価指数 TOPIX コード1306 TOPIX連動型上場投資信託 ・対象株価指数 TOPIX コード1308 上場インデックスファンドTOPIX ・対象株価指数 TOPIX Core 30 コード1310 ダイワ上場投信-トピックスコア30 ・対象株価指数 TOPIX Core 30 コード1311 TOPIX Core 30 連動型上場投資信託 ・対象株価指数 電気機器株価指数 コード1610 ダイワ上場投信-東証電気機器株価指数 ・対象株価指数 電気機器株価指数 コード1613 東証電気機器株価指数連動型上場投資信託 ・対象株価指数 銀行業株価指数 コード1612 ダイワ上場投信-東証銀行業株価指数 ・対象株価指数 銀行業株価指数 コード1615 東証銀行業株価指数連動型上場投資信託 ・対象株価指数 日経225 コード1329 iシェアーズ日経225 ・対象株価指数 日経225 コード1330 上場インデックスファンド225 ・対象株価指数 日経300 コード1319 日経300株価指数連動型上場投資信託 ・対象株価指数 KOSRI200(韓国200種株価指数) コード1313 KODEX200上場指数投資信託 この商品は外国ETF(海外ETF)です。
・対象株価指数 S&P日本新興株100 コード1314 上場インデックスファンドS&P日本新興株100 ・対象株価指数 TOPIX100 コード1316 上場インデックスファンドTOPIX100日本大型株 この他にも多くのETFがあります。
上記のように、インデックスファンドの一種であるETFは、証券取引所で多く売買されています。
対象となっている指数や、商品の内容をよく精査して、売買するETFを選んでください。

東証の規模別の指数 ― TOPIXニューインデックスシリーズ・東証規模別株価指数

東京証券取引所には算出・公表している指数が多くあります。
代表的なものは東証株価指数(TOPIX)ですが、この他にも多くの種類の指数があります。
ここでは、規模別の指数について説明しましょう。
・TOPIXニューインデックスシリーズ 東京証券取引所第一部上場銘柄の内国普通株式を流動性と時価総額の観点から区分したTOPIXニューインデックスシリーズも、規模別の指数の1つです TOPIXニューインデックスシリーズにはTOPIX Core 30(トピックスコア30)、TOPIX Large 70、TOPIX 100、TOPIX Mid 400、TOPIX 500、TOPIX 1000、TOPIX smallの7指数があります。
TOPIXニューインデックスシリーズは、市場の実勢をより適格に反映させるため年に2回(毎年1月と7月)構成銘柄の見直しが行われます。
・東証規模別株価指数 東証規模別株価指数は、TOPIXニューインデックスの構成銘柄を規模別に大型株・中型株・小型株と区分した時価総額加重型の株価指数です。
東証一部上場銘柄のなかで、時価総額および流動性の高い100銘柄が「大型株」、次の400銘柄が「中型株」、残りの銘柄が「小型株」として指数が算出されています。
基準日である、1968年1月4日の各時価総額を100ポイントとして、現在の各時価総額がどの程度かを表しています。
上記の指数をベンチマークにしているインデックスファンドには、日興アセットマネジメントのETF上場インデックスファンドTOPIX100日本大型株、ETF上場インデックスファンドTOPIX Mid400日本中型株などがあります。
このように東京証券取引所の指数だけでも様々なものがあります。
どのような指数がインデックスファンドに使われているのかをしっかり把握しておきましょう。
インデックスファンドを選ぶには、指数の把握やどんな銘柄で構成されているのかを知る必要があります。

TOPIX Core 30(トピックスコア30)

東京証券取引所が算出・公表している株価指数であるTOPIXニューインデックスシリーズの1つ、TOPIX Core 30(トピックスコア30)の構成銘柄を見てみましょう。
2008年4月1日現在のTOPIX Core 30の構成銘柄は、次の通りです。
1. 日本たばこ産業 2. セブン&アイ・ホールディングス 3. 信越化学工業 4. 武田薬品工業 5. アステラス製薬 6. 富士フイルムホールディングス 7. 新日本製鐵 8. ジェイ エフ イー ホールディングス 9. 小松製作所 10.日立製作所 11.松下電器産業 12.ソニー 13.日産自動車 14.トヨタ自動車 15.本田技研工業 16.キヤノン 17.任天堂 18.三井物産 19.三菱商事 20.三菱UFJフィナンシャル・グループ 21.三井住友フィナンシャル・グループ 22.みずほフィナンシャル・グループ 23.野村ホールディングス 24.ミレアホールディングス 25.三菱地所 26.東日本旅客鉄道 27.日本電信電話 28.KDDI 29.エヌ・ティ・ティ・ドコモ 30.東京電力 TOPIX Core 30の指数がベンチマークとなっているインデックスファンドには、野村アセットマネジメントのTOPIX Core 30連動型上場投信、大和証券投資信託委託のダイワ上場投信―トピックスコア30などがあります。
TOPIXニューインデックスシリーズの構成銘柄は東京証券取引所のホームページなどで確認できます。
インデックスファンドを選択するときには、このような情報にも目を通しておきましょう。

東証業種別株価指数、TOPIX-17シリーズ

東京証券取引所が算出・公表している株価指数は、東証株価指数(TOPIX)やTOPIXニューインデックスシリーズだけではありません。
東証業種別株価指数は、TOPIXの構成銘柄を、証券コード協議会が定める業種区分に基づいて、下記33業種に区分した株価指数です。
1.水産・農林業 2.鉱業 3.建設業 4.食料品 5.繊維製品 6.パルプ・紙 7.化学 8.医薬品 9.石油・石炭製品 10.ゴム製品 11.ガラス・土石製品 12.鉄鋼 13.非鉄金属 14.金属製品 15.機械 16.電気機器 17.輸送用機器 18.精密機器 19.その他製品 20.電気・ガス業 21.陸運業 22.海運業 23.空運業 24.倉庫・運輸関連業 25.情報・通信業 26.卸売業 27.小売業 28.銀行業 29.証券・商品先物取引業 30.保険業 31.その他金融業 32.不動産業 33.サービス業 東証業種別株価指数がベンチマークになっているインデックスファンドには、野村アセットマネジメントの東証銀行業株価指数連動型上場投資信託などがあります。
業種別インデックスファンドと呼ばれる投資信託もまた、東証業種別株価指数が主にベンチマークとされています。
業種別インデックスファンドとは、株式組入れ限度70%以上のファンドで、建設・不動産、自動車・機械、医薬品・食品等、それぞれの業種に属する株式に投資する商品です。
さらに、東京証券取引所が2007年12月17日より算出・公表している新しい株価指数、TOPIX-17シリーズがあります。
上記33業種を、17業種に集約した指数となっています。
TOPIX-17シリーズをベンチマークとしているインデックスファンドには、2008年7月22日設定、大和投資信託のダイワ上場投信(ETF)・TOPIX-17食品をはじめ17種類、2008年3月21日設定の野村アセットマネジメントのETF NEXT FUNDS 食品(TOPIX-17)をはじめ17種類などがあります。

«  | HOME |  »


スポンサードリンク



カリスマ投資家戸松信博が徹底した企業訪問と外資系アナリストレポートを駆使して日本株の急成長銘柄をズバリ推奨!

詳細は今すぐ こちらをクリック!


サイトマップ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。