インデックスファンドとは、日経平均株価225種(TOPIX)や東証株価指数などの指数と連動して、ファンドの基準価格が、その値動きへの追随を目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セレクトファンド

セレクトファンドは、業種別、テーマ別など複数のファンドから構成されるポートフォリオの中から、選択(セレクト)して運用する投資信託のことです。
投資家は、複数のポートフォリオの中から、今後値上がりしそうなポートフォリオの選択後、相場の動きに応じ、他のポートフォリオにスイッチング(乗り換え)できます。
スイッチイングの手数料が無料、もしくは安価でコストを抑えた効率的な投資ができる特徴があります。
スイッチイングとは、ファンドの乗り換えのことですが、通常、ファンドの乗り換えには、販売手数料や税金がかかることになります。
それらの費用を抑えるので、セレクトファンドではファンドの乗り換えが容易になります。
最低買付金額は10万円以上、1円単位が主流となっています。
セレクトファンドの中には、業種別インデックス・セレクト・ファンドのように、インデックスファンドで構成されているものがあります。
業種別インデックス・セレクト・ファンドは、業種別インデックスファンドで構成されています。
野村アセットマネジメントには、業種別インデックス・セレクト・ファンド(A~Oコース)、業種別インデックス・セレクト・ファンド(マネープールファンド)があります。
業種別ファンド15本・マネープールファンドの合計16本のスイッチイング可能なファンドで構成されています。
マネープールファンドとは、スイッチイングのため、一時的に資金を待機させておくためのファンドです。
このように、セレクトファンドはインデックスファンドが取り入れられていても、安定的な運用や、積極的な運用が期待できるファンドと言えます。

 | HOME | 


スポンサードリンク



カリスマ投資家戸松信博が徹底した企業訪問と外資系アナリストレポートを駆使して日本株の急成長銘柄をズバリ推奨!

詳細は今すぐ こちらをクリック!


サイトマップ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。