インデックスファンドとは、日経平均株価225種(TOPIX)や東証株価指数などの指数と連動して、ファンドの基準価格が、その値動きへの追随を目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の指数

中国の指数をいくつか見ていきましょう。
中国本土では、上海証券取引所・深セン証券取引所が指数を提供しています。
上海総合指数、上証(シャンショウ)50指数、上海A株指数・B株指数、深センA株指数・B株指数があります。
上証(シャンショウ)50指数は上海証券取引所上場のA株の規模・流動性の高い50銘柄で構成されています。
また、中国国内投資家向けがA株、外国人投資家向けがB株です。
これらの指数に連動したインデックスファンドには、野村アセットマネジメントの上海株式指数・上証50連動型上場投資信託などがあります。
香港株式市場では、HSI(ハンセンインデックス)サービス社が提供する、ハンセン指数(ハンセン33)、レッドチップ指数やH株指数などがあります。
ハンセン指数は、香港株式市場上場の主要33銘柄で構成されている代表的な株価指数です。
ハンセン指数の時価総額は、香港株式市場の約70%を占めています。
ハンセン指数には、サブ・インデックスとしてハンセン・香港指数とハンセン・メインランド指数があります。
そして、ハンセン・メインランド指数は、レッドチップ指数とH株指数に大きく分けられます。
レッドチップとは、中国本土で登記されてはいないが、実態は中国本土資本だとみなされる会社を指します。
その中から選定された28社対象の指数が、レッドチップ指数です。
H株指数は、香港株式市場上場で中国本土登記株式から選定された38社対象の指数です。
このように、中国にも様々な指数があります。
どの指数をベンチマークにしているか、インデックスファンドを選ぶ際にはしっかりと確認しましょう。

 | HOME | 


スポンサードリンク



カリスマ投資家戸松信博が徹底した企業訪問と外資系アナリストレポートを駆使して日本株の急成長銘柄をズバリ推奨!

詳細は今すぐ こちらをクリック!


サイトマップ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。